こんにちは^ ^

うちでハイライトを使ったカラーでよくご提案させて頂いているからーのやり方のご紹介です!

 

最近ではかなりベーシックになりつつあるハイライトですが、

お客様によってはネガティブな声を頂く事もあります。

「色落ちが早く金髪になってしまう」

「毛先が痛んで見える」

「やりすぎ感が嫌」

などです。

 

ハイライトの施術はオーダーメイドなので、

作りたい雰囲気や明るさでお選び頂けるのですが、

あまりやった事がなく、イメージが湧きづらい方は、

仕上がった時にイメージとのズレが出てしまう場合が有りますよね。

 

特にハイライトで明るくした部分は色落ちも早かったりするので、

早く染めないと!と感じてしまう方もいらっしゃいます。

 

ウチではなるべく幅広い方に楽しんで頂けるように、

ハイライト部分にもしっかりカラーを入れる施術もオススメしてます!

そうすると写真のように暗い部分とハイライトの部分が馴染み、ナチュラルな色味で仕上がります!

時間がたつにつれてハイライトが顔を出してくるので、色落ちの過程も楽しめます♪

 

目立たせるだけがハイライトではないので、

このようなやり方で、楽しんで頂けるとハイライトに挑戦しやすいと思います^ ^

 

ぜひご相談ください^ ^

この記事を書いた人

Shuji Otsu
Shuji OtsuStylist
2018年12月入社。
ヘアカラーとヘアアレンジが得意です。お客様目線のお手入れのしやすいスタイルをお届けします。お気軽にご相談下さい。趣味はカメラと漫画と美容です。1990年生まれ、天秤座、五十沢出身です。