今日で一年。
あっという間に過ぎる時間の中で今も起きてる事。
自分に何が出来るのか。
募金、節電しか出来ない。 
 
離れた所で出来る事は少ないかもしれないけど。
3.11は今も続いてる。
期間限定・無料ダウンロードキャンペーン実施!
『「フクシマ以後」の生き方は若者に聞け』
寺脇 研:著  定価1680円(税込み)
株式会社主婦の友社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荻野善之)は、2012年2月29日、『「フクシマ以後」の生き方は若者に聞け』 寺脇研:著、定価1680円(税込み)を発売いたします。
3・11後、日本は新しい時代に突入した。そのことを理解せずに既得権益の保持に汲々としている旧世代。いまこそ、若者を信じて彼らに舵取りを任せてみよう。現政権、橋下ブームも切る!
<担当編集より>
「失われた20年」は、次の10年期に突入した。日本は「成熟国家」の段階に入り、技術通過国として、経済的には縮小していく。そして、それはそれほど悪いことではないのかもしれない。そんな歴史の折り返し点で、2011年3月11日、東日本大震災が起こった。「ゼロ年代」に成長期を過ごし、人間形成をした若者達は、「経済大国日本」とは思っていないし、クルマも買わなければ、モノにも執着しない。彼らは成長・膨張イメージとは違う価値観を持ち、成長世代よりもむしろ丁寧なコミュニケーションをし、収縮する経済の中での生き方を模索している。今の大人の世代は、成長イメージの中での人生、国家運営しか発想できないので、3・11以降の事態には無力だ。席を譲り、若者達を背後から支え、彼らの感性と想像力に期待して、新たなフェーズに入った日本と世界を、なんとか生きて行かなければならない。「ゆとり教育」で青年達の創造力をこそ育て、彼らをラディカルな民主主義の主体としようとし、現在でも多くの学生や若者の息吹を肌で知る著者が、自分を含めて、既得権世代の総退場を促す書。「日本はもう、これまでの日本ではあり得ない」
著者プロフィール:寺脇研(てらわき・けん)1975年、文部省入省。2006年の11月に退官。同省にいる間、「ミスター偏差値」「ミスター文部省」など様々な異名をとり、「ゆとり教育」では旗振り役をし、各方面からの攻撃を一手に引き受ける。現在、京都造形芸術大学教授ほか、様々な場所で若者たちとかかわることに邁進している。
お知らせ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
発売と同時に「全文無料公開」いたします!
新刊書籍『「フクシマ以後」の生き方は若者に聞け』
※ iPad・iPhone・iPod touchからの閲覧限定となります
本書は、主婦の友社から2月29日に発売となりますが
この話題の本を、2月29日(水)夕方から3月20日(火)までの限定で
iTunes上の「主婦の友社書店」(★)アプリ内で無料公開いたします。
【期間】  2012年2月29日(水)夕方~3月20日(火)
【公開場所】 App Store上「主婦の友社書店」アプリ内
※iPad、iPhone、iPod touchでの限定公開になります。
「主婦の友社書店」アプリ内の無料立ち読みコーナーでの全文掲載になります。
★ 「主婦の友社書店」は、iPhone・iPad・iPod touch向けの“電子書店”アプリです。
ご利用いただくにはApp Storeで「主婦の友社書店」と検索のうえ、
本アプリを無料ダウンロードしていただくか、下記のリンクから無料ダウンロードしてください。
アプリのダウンロードはこちら
http://itunes.apple.com/jp/app/id311132279?mt=8
主婦の友社書店アプリの使い方はこちら
http://bukure.shufunotomo.co.jp/digital/?p=521
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
書誌タイトル: 『「フクシマ以後」の生き方は若者に聞け』
著:寺脇研  
定価:1680円(税込み) 
ISBN:978-4-07-282151-0 
サイズ:四六判  288ページ
発売日:2012/2/29
■株式会社主婦の友社の概要■
・社名:株式会社 主婦の友社   
・代表取締役社長 荻野 善之  
・URL:http://www.shufunotomo.co.jp/
・所在地:東京都千代田区神田駿河台2-9
僕もまだ読んでないんで何も言えないけど無料なんで是非!

この記事を書いた人

Ryuji HoriguchiStylist
2010年にLoyleをopen。 山が好きです。 海が好きです。 服が好きです。 お酒が好きです。 音楽が好きです。 お肉が好きです。 野菜が好きです。 人が好きです。 横乗りが大好きです。 美容師の仕事が大好きです。 1984年生まれ、山羊座、塩沢生まれです。
この投稿者の最近の記事